2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SPACE FOR YOUR FUTURE 2008-01-25 Fri
space for your future

先日,東京都現代美術館に行ってきました。

色々な参加アーティストが居て面白かったです。

中でも面白かったのは、SANAAのFlower Houseとオラファーエリアソンかな。
どっちも元から知ってたけど。

オラファーエリアソンは本当に興味深い物を作ってくれるよね。
前に原美で見た、全ての物が白黒になってしまう部屋に似ていたんだけど、あれは色彩の感覚に訴えるものだったけど、今度は距離感とか大きさとかの感覚にも訴えていて、すごく興味深かった。

SANAAのFolwer Houseは新建築で写真で見てたんだけど、写真で見た時には正直そこまで興味がなかった。でも1/2の模型が展示されていて、そこでこの作品の面白さがすごく分かった。始めは建物の内部だと思っていた場所が見る視点によって外部になったり内部になったりする。あんなに内部と外部のつながりを自然に表現している模型は初めて見たから、すごく面白かった。感覚が麻痺されていくのが自分で分かるの。
面白かったなー。

蜷川実花の作品も面白かったよ。でも、彼女の作品て赤の色身が強いじゃない?
もちろん美しいんだけど、あまりに、狭い空間に彼女の赤が多すぎて、ちょっとクラクラしてしまった。
「さくらん」でもよく使ってた金魚の赤とかって、あたしにはちょっと毒々しくて重かったかな。

あと、AMIDの狭い都市に作る生活空間も面白かった。
ただ、他の建物に頼って建ってるのはどうなんだろう?
あと、曲がってる必要性がイマイチつかめなかったけど、コンセプトは面白かった。
分単位でも年単位でも居られる生活空間。
必要な部分だけ利用できる生活空間。
人の生活ってずいぶん変化してきたんだね。

スポンサーサイト


Secret

TrackBackURL
≫≫  http://zihuatanejomx.blog115.fc2.com/tb.php/86-eb7ee0ac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。