2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感動って言っても、お涙頂戴みたいな感動話じゃないんだけども。超個人的に刺激を受けたはなし。


つい最近、何の気はなしに、昔登場したロウソクの光の子に「どっちがいいかなー?」って聞いてみたことがあった。

女の子ってよく気軽に聞くじゃない?

洋服とか、迷ったとき。「これとこっちだったらどっちがいいと思う?」って。

こういう時大抵女の子は答えが欲しいのよね。皆じゃないけど、あたしは大体そう。参考にしたいんだな。
あとは、結構人の意見が否定的なものを選びたがらないところがあるから、聞いてみるんだね。何の気なしに。

大抵の場合は答えてくれて、あたしもスッキリ。

でも、その子の答えは「自分ではどっちがいいんですか?」って聞いてきた。そして、多分あたしの性格を見越して「ここで意見を言ったらそれに影響されそうだから言いません(笑)どっちも良いと思うので、自分が好きなのを選んだ方がいいですよ」って言われた。

小さな小さな何気ないやりとりだったけど、すごく印象的な出来事でした。

あたしは、自己主張をよくするほうだと思うけど、人の評価や意見を気にするところもカナリある。自信が足りないんだと思う。だから、人が否定的な評価しているものを自分一人の価値観で選ぶ勇気がなかなかでない弱虫なのだ。そんな自分だからこそ、そうやって「自分の意見で動くことの大切さ」や「自分はどう思ってるの?」と問いかける機会を与えてくれたこの会話が印象的だったのだと思う。

もちろん、ただ、あたしの意見を引き出してくれることだけがいいことではなくて、自分の主張をしっかり伝えてくれたり、「間違ってるよ」と怒ってくれる友人の存在は何よりもかけがえがないです。

自分を振り返るキッカケをくれたことに感謝。
スポンサーサイト


Secret

TrackBackURL
≫≫  http://zihuatanejomx.blog115.fc2.com/tb.php/53-730f5725
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。