2007 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312007 09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒトリタビ 2007-08-31 Fri
初めて18切符を使って旅をしてきました

目的地は弘前。トモダチと日光に旅行に行き、その後一人で北へと向かいました。途中宇都宮で餃子を食べ、盛岡で冷麺を食べましたよ笑

一人旅は楽しかったです。一人で居ると、独りじゃないんだってことに気付かされることの方が多い。

電車で寝ていたら、おじさんや車掌さんが話しかけてくれて「どこまで行くの?おりおくれてねーか?」と心配してくれました。

津軽三味線のライブをやるお店にご飯を食べに行ったら、そこの演奏者の方と仲良くなりました。近くに座ってたおじさんと話してナスをもらったりw

自分のペースで自分を見つめて、沢山のものを見て。

ヒトリタビの時間はとても貴重なものになりました。

あえての鈍行。一日7時間とか電車に乗ってたけど。

景色は途中から変わらなくなる。田んぼ。畑。森。家。たまに人。

でも、それでいいのです。変わらなくてちょっと退屈で。フト外を見ると、見たこともない小鳥のさえずりに感動したり、嬉しそうに散歩してるおじさんとイヌの姿に思わず笑ってしまったり。電車の中で、めっちゃ方言で話してる女子高生(~だべ?とか)にビックリしたり。

そう。日本の広さを知りたかった。

バスもいいけど。整備された高速道路なんか走らないでさ。新幹線なんてハイテクな技術だけじゃない世界が見たかった。

弘前はとっても遠かった。

そして、そこには沢山の素敵な人が居て、あたしは日本をもっと好きになった。

自分のことを知ろうと思った。

三味線に感動した。空の広さに心が澄み渡る気持ちになった。

そう。これでいいのだ。
スポンサーサイト

独占欲 2007-08-24 Fri
あたし。自分が思っているよりも、きっと独占欲が強い。自分が大切な人に大切にされてないとイヤだと思ってしまう。

人は人で自分は自分。

それが分からないほど子どもじゃない。

割り切りもできるよ。

でも、少し寂しいよね。トモダチの幸せを心から喜べないなんて最低だ。

裏を返せばそれだけ、彼はあたしにとって大きな存在なんだろうとも思います。

存在意義。 2007-08-22 Wed
最近何もしていない。友達と会って話したりご飯を食べたりはしている。そう。それなりに遊んでる。

でも、人と会っている満足感はあるんだけど、それ以外何もない。

勉強もしてない。

バイトもあまりしてない。

学校もない。

部活もたまーにしかない。

ワクワクするプロジェクトが何もない。(イベントの運営とか)

将来の展望もハッキリしてない。

つまり。なーんもしてない。

世の中から置いてかれてる気がする。ただ、買い物がしたくなる。
きっと、得られていない充実感をなんとかして補おうとして、買い物したくなるんだよね。
お金ないのに、無駄にコンビニで飲み物買ったり。
何か散財しようとしてる。
だけど、今あまりバイトしてない(かてきょとN○Kだけだから週に1か2だけ)のにお金を使うのは自分にストレスになる。悪循環。

初めて(?)バイトに落ちました。軽くへこみ。そんな予感はあったけど。

最近トモダチに会うと自然な流れで「最近どうよ?」とか「最近なにしてるの?」と聞かれます。そこで、何も答えられない自分がいる。
自分の存在意義が見えない。

「あんなに飛び回ってたのに…」「いつも忙しいイメージだよね」

といわれます。よく。今のあたしはなんだろう?

やっぱり、目的をもって毎日忙しいって素晴らしい。

仕事でも役割でも、「やらなきゃならない」ことがあることは素晴らしいことだよね。

あたしの市場価値。 2007-08-19 Sun
今日トモダチ(男)と話していて、すごくひっかかった言葉があった。

「こんなこと言うのはよくないと思うけど…ぶっちゃけ、女の人って30代前半くらいまでだからね、チヤホヤされるの。その後はなかなか相手にされなくなっちゃうからねー。今存分に遊んでおいていいんじゃない?」


と言われました。


ふーむ。全ての人とは言わないけども、実際世間的には、こういう目線で女性は見られがちだよね。だから、女性は「若く」「綺麗」に固執するの。


でも、ここであたしは、逆に「なんで男の人はそうじゃないんだろうか?」と考えました。

そこで出た自分なりの答えは「男の人は身なりや外見だけではなく、仕事の能力や経済力、社会的地位を武器にしているからだ」と思いました。

だから、歳をとっていても、女性よりも年齢による見られ方の格差みたいなものって少ないように思います。

つまーり、男性の武器の方が、多角的なんだよね。いろんな方面に向いている…ような気がしました。

もちろん女性も同じことが言えるわけで。

今日気付いたことの結論としては、若さや外見とか可愛さだけに頼らずに『客観的な自分の市場価値を上げていかなきゃ』いけないんだなってこと。

可愛く、綺麗でいることで頭がいっぱいじゃー、30代にでもなったときには自分の存在価値が分からなくなってしまうでしょう。他人から見ても自分で考えても。そんなのは絶対にイヤだ。

だから、今から考えなくちゃいけないことは10年後の自分の理想の姿。

シュウカツで考えていたのとは少し違う。本当になりたい10年後の自分。

そこを念頭において、今を楽しむことと同時に努力も続けないと、自分の価値は上がらない。ちょっと目からうろこ。

分かりにくいことを書いているかもしれないけど、私の中では大きな発見でしたとさ。

若いあなたへ 2007-08-13 Mon
あなたは大人になったら、何になりたいとおもっていますか?

宇宙飛行士、総理大臣、それとも外科医でしょうか。

ええ、ええ、分かりました。妻となり、母となりたいわけですね、それもよろしいでしょうが、それだけでは何か物足りません。同級生の男子生徒に同じ質問をしたら、夫となり父となりたいと答えるでしょううか。なぜ皆さんも、彼らと同じように志を高く持たないのでしょう。あなたは何にだってなれるのです。限界は天高くにあるのですから。

子育ては、八十年もあるあなたの人生全部を必要とするものではありません。また何か他にしたいことがあるならば、必ずしも子育てをしなくてもよいのです。いずれにせよ、家族の面倒を見るほかに、何か別の筝を考えておくべきでしょう。経済的な自活力は、生きていく上で誰もが身につけておかねばならない基本的な能力なのです。仕事を持つと、経済的に自分を支えていけるだけでなく、個人としても職業人としても成長し成熟する、という機会に恵まれます。仕事を持つことによって、社会に貢献し、他人を助け、私達が生きているこの世界をより良くしていくという機会が与えられるのです。そして、自分の生きる道を自分で選び取れる、という格別の喜びを味わうことも出来るでしょう。

勿論、ことは現実的なところから始めなければなりません。あなたがただちに総理大臣になることは出来ないのです。おそらく地元の議員になることから始めなければならないでしょう。あなたの目標が何であれ、それを実現するためには、一所懸命に努力しなければならないのです。

一歩一歩、階段を追った計画を立てることが必要です。-例えば、五年で学業を終え、二年かけて仕事上の基礎技術を身に付けて、その後のご念で自分なりの能力を開発し、更なる教育を受けるために外国に留学する、というような具合です。

自分の目標は、出来るだけはっきりと決めるべきでしょう。そのためには、まず自分自身をよく知らなければなりません。他の人とチームを組むほうが好きなのか、独りのほうが向いているのか。仕事は早いけれど不注意な間違いを犯しがちなほうか、逆に多少遅いけれど注意深い質か。早くて注意深い人も、遅くて不注意な人もいるでしょう。自身の長所・短所を、よく知っておくことです。

自分の潜在能力を、決して過小評価しないでください。本気になって取り組んだとき、こんなことまで出来る力があったのか、と自信に驚くことがあるものです。すぐにあきらめたりしないでください。また、向上心に水を差すような他人の言には、耳を貸さないでください。自分の目標を高く掲げ、今できることから第一歩を踏み出すのです。そして、限界は天高くに、ということを、いつも忘れずに。


千葉敦子(日本初の女性新聞記者)

ドーナッツをいっぱいもらった。後輩くんに。もう、そんなに優しくしないでよ。って思うことがある。

人間関係というものは、時間を経ることに変化していく。叶わないと思われた想いが実ることもあるし、永遠に思われた絆は時にほつれあっていく。つむいでもつむいでも、絆という糸は変化をやめない。

昨日、親友(男の子)と女の子のトモダチと三人でご飯作って食べて、映画見て。星を見に行った。やっぱり、親友と居ると、「こういう人と結婚できたら幸せなんだろうなー」と思いました。だって、すごく真面目で優しくて、よく働くし、あたしを理解してくれるし、絶対子どもとか家族を大切にする人だから。

なんか、どこかで分かってる気がする。今のように自分にないものを持っている人を好きになるよりも、親友のような、真面目でよく自分を理解してくれる人を大切にした方がいいのかなって。
でも、彼は彼で、親友としてもう、かけがえのない大切な人で。
その関係を壊そうとか、思えない。今まで大切にしてきたこの関係はきっと半永久だから。
それに、今の関係が一番幸せ。

気になる彼をもっと知ってみようかな。

後輩くん。 2007-08-10 Fri
優しい優しい後輩くんがいます。

彼はすごく優しい。よく連絡もくれるし、すごくマメなのです。そして、分かりやすく【頑張って】くれます。

とてもいい子なのは、よく分かっています。でも、少々繊細すぎるのです。だから、後輩として可愛がってあげたいとは思うし仲良くいられればなーと思うけど、それ以上のことはあまり考えてない。

よく「飲みにいきましょうよ」って誘ってくれる。

花火も水族館も断ったのに。よく誘ってくれるなーって感心。いやいや。むしろ、あたしの勘違いかな?

集団で居るとさ、色んな人の気持ちが行き交うよね。

よし。今月中に、「彼女がいるのか」聞いてみよう!

何が欲しい? 2007-08-06 Mon
あたしは惚れっぽいのか、飽きっぽいのか、何が欲しいんだ?

違うちがう。前にも書いたように単純に嫌われたり拒否されるのが怖くて、リスクがある恋がしたくないだけな気がする。

「女は女らしく生きること」はワルイコトだと思っていた。

でも、違うんじゃないかって思うようになった。

女は女の武器を持ってていいんじゃないかって。

小さいころから「女の人だって一人で生きていけるように」って言われて育った。

ピンクのフリフリとかえびちゃんみたいな【可愛い】子って、女から見ても可愛い。

あたしはどうやっても、えびちゃんなんかにはなれないけど、でも、せっかくなら【可愛い】くなれるように。

結局のところ、【可愛い】方が得だし、賢いんじゃないかって思うことがある。

当たり前ながら、それだけじゃ自分の人生は満足できないし、本当の意味ではイイオンナではない。

だけど、私が【たくましさ】や【強さ】を求めるよりも【美しさ】や【繊細さ】を求めて努力した方が、効率的だし、自分のためのような気がしてきたのだ。

効率的なんて言葉を使うのはよくないのかなー。

でも、実際女の子って可愛いが勝ちだもん。

女目線で考えても絶対そう。

同じように、カッコイイ男の子も得をしていることでしょうw

さーて。ダイエットダイエット♪


今日も、初めてちゃんと顔を合わせた人に魅力を感じた。
うーん。移り気?移り気というか、キュンは沢山した方がいいの!

やっぱり根が真面目な人がスキ。

恋愛事情 2007-08-02 Thu
恋愛。しばらくちゃんと恋愛してないな。きっと、もう臆病になっているんだよね。トラウマというのかな?

前に進みたいけど、進むのが怖いんだよね。また傷つくのが。

とは言っても、もう前へ進む準備はできていると思います。

単純に怖いだけ。だから、いつも逃げようとする。

私の一番悪い癖は「逃げようとする」ことかもしれない。

まったく。なんて奴だw

少しだけ、気になる人がいる。でも、怖くて彼女居るのかすら聞けない。。

どんだけチキンなんだあたしーwww

男女の関係は難しいね。

所詮男と女は男と女なんでしょーか。

そういう垣根を越えたトモダチをもてたことは本当に幸せだと思う。

ちょっと二人で遊ぶうちに…「トモダチ」がその枠を超えてくるとき。なんか、悲しくなる。でも悪いのはあたしかもしれない。

この歳になると、彼氏や彼女が居るのが当たり前になってきて。

本気ですごく焦るときがある。

焦っても仕方ないなんて知ってるけど。

でも、しばらく恋人が居ないって何か理由があるんじゃないかって思われるのが自然なのもよく分かる。

あたしだって恋人欲しいし。

欲しいけど、焦りたくない。自分を崩したくない。

そういう焦りを持つのではなくて、それを向上心に結び付けていけたらいいなーと思う。

『和』の色っぽさを身に付けたい。

舞妓haaanとSAYURIに影響されたのはいうまでもあるまい(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。